前へ
次へ

税理士には高い倫理観が求められています。

税理士には、高い倫理観が求められています。そのため、税理士法には厳しい罰則規定が設けられています。税理士が故意に、真正の事実に反して税務代理若しくは税務書類の作成を行った場合や相当に注意を怠り、真正の事実に反して税務代理若しくは税務書類の作成を行った場合には、税理士法上の懲戒処分を受ける場合があります。また、税理士が自己脱税、多額かつ反職業倫理的な自己申告漏れ、税務調査の妨害、名義貸し、業務懈怠、守秘義務違反、帳簿の作成義務違反、使用人等の監督義務違反、業務の制限違反等を行った場合には、税理士法上の懲戒処分を受ける場合があります。懲戒処分においては、戒告、税理士業務の一定期間の禁止や停止処分などがあります。

top用置換

top用置換2
Page Top